[2ch]ultimate news

[2ch]2ちゃんねるまとめブログを紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハチミツとクローバー2

0   1

ハチミツとクローバー2】【無料動画】youtube(ユーチューブ)テレビアニメ無料動画 ハチミツとクローバー2

ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)
角川エンタテインメント (2007/01/12)
売り上げランキング: 171
ハチミツとクローバーII Vol.1 (初回限定版)
角川エンタテインメント (2006/10/27)
売り上げランキング: 18646
おすすめ度の平均: 4.0
3 一期と二期を比べた場合
5 なぜ1期と比べてしまうか
5 傑作です。
『ハチミツとクローバー』は羽海野チカ作の漫画作品。 「ハチクロ」と略される。

美術大学を舞台に、恋愛に不器用な大学生達の報われない恋模様や、自分の才能や生き方について迷う若者達の姿を描き、若い世代の支持を得た。Chapter.1から14まで、『CUTiEcomic』2000年6月号から2001年7月号に掲載され、Chapter.15からChapter.56までは『ヤングユー』に連載されていた。Chapter.57からは『コーラス』で連載され、2006年7月28日発売号に掲載のChapter.64において最終回を迎えた。コミックスは全10巻(集英社)、ファンブック1巻。今後、スピンオフ作品を発表する事が予定されている。

2003年に、第27回講談社漫画賞を受賞。

アニメが2005年4月から9月までフジテレビ系列の「ノイタミナ」枠で、2006年6月からは第2期として「ハチミツとクローバーII」が同枠で放送された。又、2006年7月22日より、実写映画「ハチミツとクローバー」として劇場公開も展開される。

尚、タイトルの「ハチミツ」はスピッツの同名アルバム『ハチミツ』から、「クローバー」はスガシカオの同名アルバム『クローバー』から採った物で、作者がタイトルを決める際に『ハチミツ』と『クローバー』と言う2枚のアルバムが並べてあったのを見たと言うのが所以である。その為アニメの挿入歌にはスピッツとスガシカオの楽曲が多く採用された。 また、作中に槇原敬之 作品から引用されたと思われるフレーズも数カ所見られる(Chapter.18は同氏の「てっぺんまでもうすぐ」を引用したと思われる)。

因みに、舞台となっている浜田山美術大学のモデルはスピッツのヴォーカル・草野マサムネが在学していた武蔵野美術大学で、建物の描写がリアルに再現されている。これはアニメ版でも同じで、スタッフロールには協力として同大学の名が記載されている。

美大生・竹本祐太はアパートの同僚で先輩の森田忍や真山巧らに囲まれ、日々大学生活を楽しんでいた。

ある日、竹本達は大学の教師の花本修司から花本の親戚の花本はぐみを紹介される。人見知りが激しく口数も少ないはぐみだったが、その愛らしさに竹本は自分でも知らぬ間に一目惚れする。そして、変人として知られている先輩の森田も又はぐみを気に入ってしまう。しかし、森田の愛情表現は他人には分かり辛く(そして肝心のはぐみにも)、周囲からは森田がはぐみに嫌がらせをしている様にしか見えない。しかし森田と仲の良い竹本だけは森田の真意に気が付き、才能溢れる森田が恋のライバルになる事に無意識の内にも一抹の不安を覚える。大学での穏やかな時間を過ごして行く内に、やがて竹本達に打ち解けて行くはぐみ。そして、いつしか竹本の危惧が的中する。はぐみと森田は惹かれ合って行き、お互いにその事を自覚して行く。しかし、2人の恋は通常のそれとは違い、常人には理解出来ない天才同士の魂の結び付きの様な物であった。『恋愛』と呼ぶには少し不思議な関係のはぐみと森田。しかも森田にはどこと無く竹本を気遣っている気配も。お互いの作品に触発されて創作活動に励んだりするものの、森田は何も告げずに唐突に約1年もの期間アメリカに旅立つ等、2人の距離は近づいたり離れたりを繰り返す。それでもそんなはぐみと森田の様子を見て、2人が共有する世界に入っていけない竹本は疎外感を味わう。そんな中、はぐみの保護者的な存在である修司も又、陽の当たる場所で才能を開花させて行くはぐみを目の当たりにし、自分ははぐみを利用し自らが到達出来なかった場所を見ようとしているだけではないのかと自問し、罪悪感に駆られる様になる。又、はぐみが芸術家として生きて行く事で1人の女性としての幸せを得られなくなるのではないかとの不安も有った。はぐみの事を気に掛けつつも背中を押してやれない修司…。

やがて竹本にも大学卒業が近づくが、自分の生きる道が見えない彼は就職も決まらず、卒業制作提出日前に病気になり入院。そして、1年留年する事を決める。しかし、それでもいつになっても自分がやりたい事を見つけられない竹本。はぐみもそんな竹本を心配する。そして迷う竹本は、ある日、発作的に自転車に乗って出かけていき、自分かどこまで走れるかを知る旅に出る。そこで色んな人と触れ合い少しずつ自分の存在を見つけていく…。

一方、真山はアルバイト先の建築デザイン事務所の経営者・原田理花の事を慕っていた。しかし、夫を事故で亡くし残された事務所を独りで守る理花は、真山の思いに気付きながらもわざと気が付かない振りをして、真山と距離を置こうとする。そんな真山の姿に最も傷ついていたのが真山を真剣に愛する山田あゆみだった。山田の思いを知る真山は、山田にその思いに応えられない旨を伝えるが、いじらしい山田を真山は完全に突き放しきる事が出来ない。山田も真山が振り向いてくれる可能性が少ないとは分かっていても、その思いを断ち切る事が出来ないまま時は過ぎていく。

その後就職した真山だが、未だに理花の事を忘れられず、いつか自分が理花を支えられる男になり再び彼女のそばにいられる様にと考えて日々研鑽する。が、一方で山田とも相変わらずな関係が続いていた。そんな真山の曖昧な態度を会社の先輩の野宮匠は責め、山田への猛烈なアタックを開始する。そして、いつまでも真山への思いを貫こうとする山田に対して、野宮は「振り向いて貰えなくても、真山への片思いは変わらない」と言うそんな自分に自己陶酔しているだけじゃないのかと痛烈な言葉を浴びせる。否定しつつも自らの中にそういう気持ちが有った事を感じる山田。自分にアプローチしてくる野宮と触れ合う中で、やがて山田の思いにも変化の兆しが…。

そして、真山は真山で、あるきっかけから就職先の会社を辞め、理花の事務所へ押しかけて再び働き始める。自らの理花への思いに向き合い、例え力不足だとしても理花を支えて共に歩んで行こうと心に決めながら…。

こうして、みんながお互いにそれぞれの恋心を胸に抱きながら、足早に流れていく季節の中、共に同じ時間の中を過ごして行く。奇跡の様な時間を。しかし、時の流れは次第にそれぞれに押し殺していた本当の気持ちを自覚させ、それに対峙していく事で自らの道を見つけ出していく…

第01回 ……そして、僕たちは再び回り始める……
第02回 ……でも、そうでもしなきゃ思い知れないなら、行くがいいさ…
第03回 信じらんねぇ……9時間かかんだぞ……!
第04回 先に耐えきれなくなったのは俺だった。気づいてはいたんだ…
第05回 そう、彼は……優しくしあうことを許されたのだ…
第06回 ……口にしてはダメ……、私には、それを奪う権利はない…
第07回 ……あのときのことが、目に焼き付いて離れない…
第08回 ……僕は、なにも知らなかった。
第09回 ……ああ、神様……どうか、彼女を……
第10回 ……どこ、行っちゃってるのよ、バカ……
第11回 ……私から、絵を描くことを、奪わないでください…
第12回 ……時が過ぎて、何もかもが思い出になる日はきっと来る…
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://netdemoney0001.blog83.fc2.com/tb.php/1486-3765dfbc
-
管理人の承認後に表示されます
2008.01.27 21:59
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。