アルテマニュース

MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jのスピードは世界レベル?「200m五輪選手級」リベリーに「負ける気がしなかった」内田 「驚くほど素早い」と絶賛される香川

1 :臣亮言φ ★:2011/01/04(火) 20:52:01 ID:???0

Jの「スピード」は既に世界レベル!?
欧州組が教えてくれた日本人の長所。


まさかこれほどプレースタイルが変わっているとは。

12月17日、デュイスブルク対ボーフムの試合を観に行くと、今年7月にボーフムに移籍したチョン・テセが別人のようなスタイルでプレーしていた。
川崎時代のテセと言えば、パワーを生かしてブルドーザーのように相手をなぎ倒してシュートを打つイメージが強かったように思う。
だが、このデュイスブルク戦はまったく違った。4-5-1の1トップの位置に入り、小刻みにステップを繰り返して、
常にDFラインの裏に飛び出ることを狙っていた。あえてたとえるなら、まるで広島の佐藤寿人のようなプレースタイルだった。


パワー重視だったテセがドイツ2部ではスピードスターに!?

そして後半8分、その「裏に出る動き」がついに報われる。中盤から出たスルーパスで一気に抜け出してGKと1対1の場面を作り、
ダブロフスキの決勝弾をアシストした。ボーフムは1対0で勝利し、これで4連勝。順位こそ8位だが、昇格圏内の3位まで勝ち点差3に迫った。
テセは16試合で8点を決め、完全にチームのエースになっている。

まるで佐藤寿人のようだったのでは?試合後、そうテセに問うと、「(ボーフムでは)いつも僕はこんな感じなんですよ」と笑顔で答えた。
「相手のラインの裏に抜け出ると、スピードで絶対に勝てるから。それを今日は狙ってやってました。
まあ、寿人さんならもう1点くらいチャンスがあったと思う(笑)。僕はまだこの動きに、あまり慣れてないから。
今日のデュイスブルクは、すごくDFラインが高かった。こんなにラインが高いことは2部ではあんまりないので、楽しかったですね」

http://number.bunshun.jp/articles/-/74613
http://number.bunshun.jp/articles/-/74613?page=2


>>2以降に続く

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。